Login 
 
« « 2016 6月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

住宅街に隣接した超巨大な太陽光発電所。

カテゴリ : 
works
執筆 : 
sanbuichi 2016-6-28 9:29
2016.6.28. データの納品が終わったので画像を公開。
先日セスナで空撮をした現場。

光カントリークラブの跡地に建設された太陽光発電所。
最初ドローンで撮ってもらいたい、というご要望だったのだが、打合せで現場に行って驚いた。
ゴルフ場の1ホールか2ホール(といっても相当広いスペース)をメガソーラーにしているんだろうと思っていたら、18ホール全部のスペースが…!
範囲にすると800m×800mぐらいのエリア全体を上空から撮ろうと思ったらドローンでは無理です〜!ということでセスナでの空撮になった。しかも、低空でドローン動画も併せて撮ってみようということになったので、自分史上初のセスナ&ドローン空撮が実現した。
ちょうど2012年に光市内で空撮の案件があった時に撮っていた写真と比べると変貌ぶりがよくわかる。

この規模のメガソーラーは全国でも珍しいらしい。名前も『山口光太陽光発電所』となっている。
景観的に見たらちょっと異様だけど…。

知人の葬儀に参列。

カテゴリ : 
works
執筆 : 
sanbuichi 2016-6-22 7:59
2016.6.22. 両親の満中陰法要(四十九日)も12日の日曜日に無事終わり、誰も住まなくなった実家の雰囲気も少し変わった感じがする。
毎日欠かさず仏壇に線香をあげるのも習慣となった。
仏事の作法には全て理由があるので、両親の葬儀を経験しなければ知らずに終わったかもしれない。
そんな中、昨日知人の葬儀に参列した。
徳山の夜の店の帝王のような人で、徳山で初めてライブハウスを始めたり有名どころではマハラジャ徳山をプロデュース、その後も数々の店をオープンさせたり潰したり、とにかく波瀾万丈の人生を送った。
市内の葬祭ホールでの葬儀だったが、「葬儀慣れ」した自分の目から見ると、簡略化された現代の葬祭場主導の葬儀の典型的なパターンと感じた。
読経も、上手いか下手かで言ったら「ヘタクソだなぁ〜」と思ったし、親族と参列者の焼香が終わったら、すぐに「ではこれから初七日法要を行います」って!
まだ火葬も済んでないのに初七日っておかしいじゃろ〜!とツッコミそうになった。
まあ、普通だったら何の違和感も感じないのかもしれないが、「これは葬祭場の都合でやっとるな」という場面がしばしば見受けられた。
う〜ん、なんか違う。

ヤギ広場完成!

カテゴリ : 
works
執筆 : 
sanbuichi 2016-6-5 22:09
2016.6.5. 亡くなった親父だったらヤギのために同じように柵を作ったと思う。
実家の裏の畑全体に柵を作るとしたらどうやったら一番簡単に安価にできるか?
前日までにホームセンターをハシゴして頭の中でシュミレーションして、今日一気に材料を購入。

隣りに済んでいる義兄も手伝ってくれたので、なんとか一日で高さ130cmほどの柵をぐるっと囲むことが出来た。

最近はヤギたちは自分に一番なついているので、作業をしていたら絶対そばに寄ってきて邪魔をする。
今日は作業をしていたら近所の家の親御さん達が子供を連れて「ヤギさんを見せてもらっていいですか〜」と来られて動物園状態に。
多分ヤギと遊ぶ環境としては徳山動物園にも勝っていると思う。あまりの快適さに、ドッグランで開放もできそうな環境になった。

多分親父も、「なかなかいいじゃないか!」って言ってくれると思う。

ヤギのポテンシャルにびっくり!

カテゴリ : 
works
執筆 : 
sanbuichi 2016-6-3 22:42
2016.6.3. ヤギを空地に放す時には常にロープを張って、ある程度動ける範囲を広くしてさらにリードを付けていた。
子ヤギは人なつっこいので人の姿が見えなくなると「めぇ〜」と啼き出す。
でも食べる草が豊富にあるので、そのうちに草を食べるのに一生懸命になって啼かなくなる。
しかもヤギは常に群れで行動する動物なので、一匹だけ逃げ出したりしない。
この習性を考えると、人がいる時には空地にフリーで放しても大丈夫じゃなかろうか?と思ったので、今日の夕方放してみた。

ヤギが野生の感覚を取り戻した?と思うくらい活き活きとはしゃいでいる。
ものすごいスピードで走り回る。
動物ってロープに繋いで飼ってはいけないなぁ、とあらためて思った。
できれば早めに周囲に囲いを作って常にフリーで活動させたい。