Login 
 
« « 2018 2月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 1 2 3

夜の駅前図書館。

カテゴリ : 
works
執筆 : 
sanbuichi 2018-2-4 0:45
2018.2.3. 徳山駅前図書館OPENの日。
今日は夜の図書館の感じを知りたくて、電車で徳山駅まで行って図書館に。
本を借りる気満々で、空のショルダーバッグを背負って行ったのだが・・・。
前日のイメージで専門書が圧倒的に少なかったイメージは、時間をかけて本を探すと決定的になった。
借りたい本が一冊も無い!
図書館機能の蔵書は圧倒的に『雑誌』の類いが多いので、希少な資料とか貴重なモノはほとんど無い。こんなの、ちょっと大きい書店に行ったら全部買うことができるものばかり。
なんか、「周南市くらいの規模の街にはこの程度の蔵書を置いていたら市民は喜ぶだろう」とバカにされているような気になった。
昨日のブログに「一日中でも居れる」と書いたが、今日は2時間で飽きた。
図書館2日目にして底が見えてしまった。
高校生が勉強する空間としてはこんな恵まれた空間は無いが、図書館としては長続きしないのではないかと思う。
しかも入口には「周南の地酒」まで売っている。これは無いやろ。
周南の地酒なら徳山駅の構内にちゃんと販売コーナーがある。
こういう中途半端な抱き合わせ戦略は、命取りになることを誰か早く指摘した方が良いと思うけど。
ノーと言えない悲しい日本人。

図書館の内覧会。

カテゴリ : 
works
執筆 : 
sanbuichi 2018-2-2 22:58
2018.2.2. YICキャリアデザイン専門学校の授業の一環で、明日OPENする徳山駅図書館の内覧会に行ってみた。

確かに空間的には今までの徳山に無かったようなモノが完成したと思う。
周南市的には中心市街地活性化の起爆剤としてこの図書館から街中に人が流れることを期待しているようだが、あまりにも中心市街地の雰囲気と違い過ぎて、ここで完全に完結して街中に流れるイメージが全くしない。
図書館の蔵書的には、いわゆる市の図書館という構成ではなく、趣味とか特定の分野の専門書中心で、大型書店の延長のような感じ。
まあ中央図書館と蔵書の内容が被っても意味が無いので、これはこれで良いと思うが、例えばデザインの専門書のエリア、一見沢山あるように見えたが、やっぱりよく見たら圧倒的に書籍の数が少ない。
でも自分は基本的に本屋通いが好きなので、一日中でも居られる空間だ。
そして周南市民の関心事の一つ、スタバの開店。
当分ごった返すと思おうが、コーヒーの一番小さいサイズが280円!
しかも自分的には好きな味ではない(ハッキリ言って不味いと思う)。コンビニの100円コーヒーといい勝負。
地方でこのスタバがいつまで持つか・・・。そのうち高校生は駅の隣りのローソンで100円コーヒーを買って持ち込むだろう。