Login 
 
« « 2018 6月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2018.6.15. 周南市共創プロジェクトという施策がある。
詳しいことは↓
http://shunan-chiikijoho.jp/co-creation/
に載っているが、
先日、平成30年度の「共創プロジェクト」に申請した団体のプレゼンテーションを聴講に行った。
プレゼンに参加した案件のひとつで、山口県産業ドローン協会も若干協力することになっていた案件があり、どれどれどんなプレゼンをするのかな?と面白半分で見学。
全体で3件の申し込みがあり、プレゼンテーションの内容ではドローンを使って地域おこしを!という案件が一番良かったし、採用されるとしてもコレしかないだろうと予想していた。
ところが、ところが〜
この案件は落選したらしい。
何を基準に採用されるのかものすごく不透明だが、それならその他の2件も同じく落選だろう。
ところが二度びっくり!他の2件は採択されたと今日聞いた。
プロジェクトの主旨や補助金の使い道、運用の詳細を自分は当日のプレゼンでしか判断できなかったが、審査基準が明らかにおかしいと言わざるを得ないような判定だと思う。
この共創プロジェクト、コレをきっかけに興味を持ってしまった。
1案件に100万円も助成する市の施策だが、なんか変。

簡潔に話す訓練が大人には必要。

カテゴリ : 
works
執筆 : 
sanbuichi 2018-4-17 18:59
2018.4.17. 子どもvs大人のディベートのようなイベントを何年も企画して実施すると、大人の「とにかく話が長い」事に辟易する。
子どもは日頃から知らない大人と話すことに慣れていないことと、緊張感から、自分の言いたい事を簡潔にまとめて一気に話す。だから内容が凝縮されて聞いていても清々しい。
大人は話が長い方が説得力があると思っているのかどうか知らないが、もう自分の世界に入り込んだら最悪で、誰も聞いてないのに延々と、しかも自分の自慢話とかもちりばめながら多分終着駅とか考えずに話すから「ただ長いだけの内容の無い話」になる。
自分の性格は、方言で言うところの『イラ』!
もう長い話を聞くと本当にイライラしてくる。
最近長い電話を受けることが多いので、切った後「長いよ!」と電話に向かって突っ込むことがしばしば。
「長い話は悪!」という風潮にならないものか…

決算と次年度の予算確定。

カテゴリ : 
works
執筆 : 
sanbuichi 2018-4-6 23:27
2018.4.5. 一般社団法人山口県デザイン協会の理事会で今期の決算の確定と事業内容や受託事業の確定、次年度の事業計画と予算の試算を審議。
新しい体制での協会の活動の2年目は、たくさんの事業内容が明確になったので予算計画が大変なことになってしまった。
でも「動いている!」という実感。

一般社団法人の決算。

カテゴリ : 
works
執筆 : 
sanbuichi 2018-4-4 22:03
2018.4.4. 一般社団法人山口県デザイン協会の事務局と専務理事を引き受けて最初の決算。
会計監査や業務監査が厳しいので書類作成も山の様になる。
でも何事も経験じゃ。
一回経験すれば知識の量も質も今までに無いものが得られる。
本当に良い勉強をさせてもらっている、と思う。

大津島にて。

カテゴリ : 
works
執筆 : 
sanbuichi 2018-4-2 9:50
2018.4.1. 新年度最初の日は日曜日。
デザイン協会周南地区の有志を誘って大津島に行った。

後輩で建築家の石丸氏が、大津島の瀬戸浜地区に残る古い農具置場をリノベーションして茶室に改築。毎年ここで徳山高専の茶道部が桜の咲く季節に茶会を開いている、ここを訪ねるのが今回の目的。
大津島は市内から目の鼻の先だけど、一歩島に足を踏み入れると未開の地のような不便さを強いられる。でもたまには不便な生活をする方が人間らしい感覚が蘇る。
桜と石柱庵の景観が素晴らしかった。ドローンで撮ってみた。