Login 
 
« « 2017 9月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

請求書をメールで送るな!

カテゴリ : 
works
執筆 : 
sanbuichi 2017-4-5 23:40
2017.4.5. 当社のHPがサーバー契約している会社、メールでしか更新費の請求を送って来ない。しかも、自分のメールソフトでは、多分「迷惑メール」に判断されて見逃してしまい、更新の入金が遅れてHPが一時的に表示されなくなった。去年も全く同じ症状で請求メールが来なくて一時サイト停止。
慌ててサーバー会社に連絡しようにも電話問い合わせを受け付けてなくて、問い合わせの請求をするのにも「なんとかチケット」を発行して初めて問い合わせが出来るシステム。
おかげで結構なサイト停止の時間が発生し、サーバーが動かないのでブログやメールも動かない。「サブちゃんのブログが無くなっているけど、どうしたの?」と心配の電話を頂いた。
当社でサイト管理しているクライアントで、サーバーは何種類かの会社を使っているが、大手の会社は請求がメールのみなので、何らかの不具合やメールソフトのフィルターに引っ掛かって請求メールが届かず、更新し忘れて一時的にサーバーが停止することもある。
メールなら郵送費がかからないので請求書でも何もかんでもメールで済ませるのは如何なものか?
自分の会社の請求書を相手にメールで送るような失礼なことは絶対にしたくない。

デザインに対する冒涜。

カテゴリ : 
works
執筆 : 
sanbuichi 2017-3-29 0:08
2017.3.28. テレビのニュースを見て、目が点になった。
須金の巨峰を使ったロゼワイン「SUGANE(シュガーネ)」が、発売30周年を記念して内容とラベルデザインを一新だと。
ビジュアルが全く変えられていた。
それよりも何よりも、「SUGA~NE」って表記しやがった!!!!
どこのアホがやったんじゃ〜っ!

正式名称:徳山巨峰ワインは、2010年に販売不振からパッケージリニューアルの依頼を受けて、当時「有限責任事業組合周南デザインネットワーク」というLLPで承けた仕事。
当時としては結構な金額の予算を付けてもらって、マーケティングリサーチから現地調査からなんだかんだで半年くらいかけて、最終的に須金のなしぶどう生産組合の方々にプレゼンテーションして、自分のデザインとネーミングを採用していただいた苦心の作。
当時リニューアルする際に掲げたコンセプトは、
,屬匹Δ了挫呂任△訖楸發鯀缶未暴个靴織妊競ぅ鶺擇咼諭璽潺鵐
高級ワインにふさわしいパッケージデザイン
須金ぶどう生産組合の方々の苦労が伝わるような演出

なんといっても「SUGANE」と書いて「シュガーネ」と読ませるワインっぽいネーミングを提案したのが自分としては最高の仕事だったと思っている。
それが証拠に、シュガーネはリニューアル後は発売後は、即完売と聞いていた。
最近はシュガーネといえば須金の巨峰ワインという認識も定着していたので、まさかパッケージを全面リニューアルする必要がどこにあるん?と思う。
でも絶対に
「SUGA~NE」はダメ。こういう大事なことは著作者に相談せずに変えちゃ絶対にダメ。「〜」を入れた事によって、もう全部台無しになった。
「シュガーネ」という名前も使わないで欲しい。それくらい台無しにした。
世に出てしまった後なので、元に戻せとごねてもしょうがないが、機会があれば誰がやったのか知らないが担当者に正式に抗議するし、許せないものは許せない。
この件の経緯を知らない昨日今日担当した市の職員が「この際だから表記も変えよう」と思ったのかもしれないが、完全にデザインを冒涜しているね。センスが無いにも程がある。
もう周南市(役所)に任せていてはデザインは絶対に育たない。
「しゅうニャン市」みたいなセンスの無いネーミングを堂々とアピールする人たちが税金を使ってモノを創る旗を振っているうちは、絶対にクリエイティブなものはできません!

この件に関しては、多分俺、怒りは収まらんね。

社団法人の設立準備。

カテゴリ : 
works
執筆 : 
sanbuichi 2017-3-10 23:52
2017.3.10. 山口県産業ドローン協会が立ち上がって1年強、ドローンを取り巻く環境とドローン自体の技術の進歩とドローンに対する期待のスピードが飛躍的に早まっている。
それに伴って山口県を初めとする市町などの自治体や警察や農業関係からの技術提携の依頼や災害協定など、どんどん懸案事項が増え、ドローン協会を早期に「社団法人化」するように要求されているので、今日の理事会では一般社団法人化に向けて体制固めと事業計画を話し合った。実に6時間半!
任意団体から社団法人への移行に関しては、15年前くらいに山口県デザイン協会が社団法人へ向けて移行した当時の理事として詳細を経験しているので、ただ一人の経験者として当時のことを思い出しながら出来るだけの情報を提供した。
団体の運営に関しては、社団法人山口県デザイン協会では10年前には会長、それから周南市PTA連合会の連合会長と事務局を両方経験しているので、その時のノウハウがこんな時にはすごく役に立つ。

バリバリガチガチのカラダを・・・

カテゴリ : 
works
執筆 : 
sanbuichi 2017-3-6 22:30
2017.3.6. 先日知り合った方の奥さんが市内に「手揉み屋さん」をオープンされたので行ってみた。
慢性的に体中がギシギシで、さらに輪をかけて土日に事務所のエクステリアの大工&土木作業をやってしまったので、筋肉もパンパン。
今まであらゆる整体を試したけど、なかなか自分に合うところが無い。首はヘルニアで、揉んでも揉んでも完治しないのは分かっているのだが、時々どうしても刺激が欲しいときがある。
今日はじめて施術してもらった整体は、「強力に」とお願いしていたのでかなり強かったが、それよりも説明しながら施術してくれるので新鮮だった。
『こんなになるまでよく我慢されてますね!』と驚かれるほどカチカチで「揉み甲斐」のあるカラダだそうだ。
可動域が極端に狭くなっていて、肩甲骨などは埋もれて出て来ない状態!らしい。どうりで前回ゴルフした時は、自分のスイングのイメージに比べて(多分全然カラダが動いてないので)全く意図した場所にボールに当たらない!多分筋肉の3割くらいしか使えてない。飛ばんはずじゃ…
今日は最初だから90分コースだったけど+20分くらい念入りにカラダを見てもらった。
ちょっと夜になって揉み返しが来てすっごいだるい。

感想の、ほんの一部。

カテゴリ : 
works
執筆 : 
sanbuichi 2017-3-2 22:00
2017.3.2. 今日は一日中事務所に居たので市議会中継のライブ放送を付けていた。
最近はあんまり感心が無かったが、今日の市議会中継での各会派の質問のうち「しゅうニャン市のシティプロモーションに関する質問」が過半数、ほとんどの市議会議員が疑問を持つということは、やっぱりおかしいと言わざるを得ないのでは?
そしてこの案件に関連して、クリエイティブ産業創出プロジェクトというものが立ち上がっているようで、実際に「しゅうニャン」の案件もコンサルティング会社が入っている(どうせまた東京の業者であろう)事実。
デザインとかプロモーションとかコンセプトとかブランドとか、答弁の中に頻繁に出てくるので、職業柄聞き過ごすにはちと刺激が強いのでテレビを見ながらメモも取りまくった。

やっぱり辻褄が全然合ってない。

結局東京のコンサルタントに踊らされて横文字をふんだんに使った企画書に丸め込まれたんだろうなぁ・・・。実際に地元に根を張って地元目線で仕事をしているクリエイティブ系の人間は、この提案はしないと思う。
そりゃあ職業柄企画書を創るのが仕事だからいろんな提案をするけど、シビックプライドって誰に向けて言ってるんだろ?、、、日本語で言えばいいのに。
デザインの業界では今や軽はずみに「ブランドブランド」っていう時代じゃない。ブランド戦略で成功している企業や団体なんて少なくとも山口県にはほとんど無い。ユニクロにしても、ここまで至るのに何億のお金がかかっていることか…。

「クリエイティブ産業創出プロジェクト」一部の人間だけで進められているみたいだけど、都市部にたくさんあるクリエイティブな仕事を周南に持ってくる仕組みを作るそうな。そして特に若者と女性を支援するそうな。
ここでもおじさん達は蚊帳の外なのである。
まあ、本当に力がある人は自分で仕事をクリエイトするのだ。クリエイターと言われる人は昔から自分の力だけで仕事を創り出すのである。他人の力で仕事を見つけてもらった時点でクリエイティブでも何でも無い。なんか、若いクリエイターは自分の力で仕事を見つけきらんから支援してあげる?業界自体が舐められてるじゃないか?

今日の市議会中継、頭が変になりそうだった。