Login 
 
« « 2017 9月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

半年間統計を取って

カテゴリ : 
works
執筆 : 
sanbuichi 2017-6-30 23:32
2017.6.30. 今年も半年が終わった。
今年に入って毎日、山口県動物愛護センターに保護される周南地域の犬猫の数を記録した結果、

ついに6月は猫が犬の数を越えた。
これがどういうことを意味しているかは、もう少し様子を見ればわかるはず。
犬の数にしても、野犬として保護されたり持ち込まれたりする数だけでこんなに多いということは、捕まらないで生き延びている野犬は、この数倍はいるという事は想像に難くない。
これを異常事態と言わずに何と言うだろう。

広島岐山会で先輩に詰め寄られた。

カテゴリ : 
works
執筆 : 
sanbuichi 2017-6-26 22:16
2017.6.25. 徳山高校の広島地区の同窓会「広島岐山会総会」に出席。
自分のテーブルは来賓テーブルだったので、徳山高校の校長はじめ、岐山会副会長、東京岐山会、関西岐山会、広島岐山会といった各地区の会長(世代的には大先輩)の方々と楽しく過ごした。
ただし、先輩方は徳山の現状に大変心配しておられた。
自分からは何も話すまいと思っていたのだが、例の「しゅうニャン市」、もうボロクソに批判された。
地元の人間としては肩身が狭いったらありゃしない。
言いたい事は山ほどあったが、「三分一君どう思うかね?」と詰め寄られたので『ノーコメントです!』と即答して雰囲気を感じていただいた。
東京や大阪から見ても、地元周南の現状は異常事態らしい。

市章を捨てた周南市。

カテゴリ : 
works
執筆 : 
sanbuichi 2017-6-15 23:30
2017.6.15. 昨日、山口県デザイン協会として周南市役所を訪問し、市長と市議会議長に挨拶に伺った。
市役所内には「しゅうニャン市」のポスターが至る所に貼ってある。
以前からこのポスターには違和感を感じていたが、これだけたくさんのバリエーションのポスターを見て確信した。
今回の「しゅうニャン市」プロモーションポスターには周南市の市章がどこにも入っていない。
市章といえば市のシンボルマーク。文字通り市を表わすシンボルなのだけど、その一番重要な市章が一切影も形もない。
それどころか、市のサイトからも市章が消えた!

おそらく市のサイトのトップページに市章が表示されていない自治体は全国何処を探しても無いはず。市章の代わりに、バランスのおかしい「周南市」というロゴタイプにいつの間にか置き換わっている。
周南市はいったい何をしているのだろう。
言葉遊びの延長の様な突発的な企画のために、最も大事にしないといけない市章を蔑ろにするなんて。なんで市役所内で誰も「おかしい!」と言わないの?
まともな人はいないの?
おそらく市章を隠す事は確信犯的にやっているのだと思うが、面白い提案やインパクトのある提案のベースにあるものは、変えちゃいけない事をしっかり押さえるからできること。
もう何でもアリ、100歩譲って企業の戦略だったら有りかもしれないが、自治体でやってはいけないはず。

各機関への御礼まわり。

カテゴリ : 
works
執筆 : 
sanbuichi 2017-6-6 18:34
2017.6.6. 今日は、デザイン協会の総会・懇親会に出席していただいた来賓各位の御礼に、県庁はじめ山口市内の各団体に伺った。
山口県商工労働部、山口県観光連盟、やまぐち産業振興財団、西京銀行等。
ヒトが動けば必ずコトが起こる。
どこに行ってもデザインに関する需要や期待度は、かなり大で、モノや情報が溢れている時代だからこそ、その情報を整理して正しく導く役目をするヒトが必要。でもそれは分かっているが、そこから先がどうやっていいか分からないままに世の中にはモノが溢れているというのが現状だと感じた。
特に行政機関や大きな組織に対してデザインの有用性を説くには、デザイナーもきちんとしゃべれないと、熱く語れないと何も始まらないということも痛感している。
今年は県庁に気軽に遊びに行けるくらいにならないと。

まずは総会終了。

カテゴリ : 
works
執筆 : 
sanbuichi 2017-5-27 9:29
2017.5.27. やっと一般社団法人山口県デザイン協会の通常総会が終わった。
今年度は事務局を承けることになるので、通常総会と懇親会の会場の選定から会員への案内、来賓へ案内状の持参、総会資料の作成、総会/懇親会の進行シナリオ、懇親会の企画、そして昨日の総会まで。
準備をやりすぎて困ることは無いので、考えられるすべての準備に手を抜かず自分の仕事は全くできない日々だったけど、まぁなんとか無事終了したかな、という感じ。
多少のアクシデントはあったけど、元々普通の業界ではない。
総会が無茶苦茶になる様なことを発言するような会員が居るわけではなく、むしろこのような総会には無関心な会員の方が多い。自分が記憶しているうちでは、今回の総会は過去10年で出席会員数が一番多かったと思うので、新しい理事のメンバーが力を合わせた成果だとも思う。
ただし、総会で理事の承認や事業計画/事業予算を承認されたのはスタート地点に立ったにすぎず、これからが新しい協会の理事会の真価が問われる。